調査料金・調査例

ご相談内容や調査依頼により、最適な探偵・調査事務所をご紹介いたします。各調査で高い専門知識・技術を持った会員調査事務所が問題解決へのお手伝いをさせていただいています。
ご相談は無料です。迷ったらまずはご連絡ください。

浮気調査

浮気調査についての調査料金は様々なケースを想定し状況に応じた料金設定を各社行っています。

配偶者が、浮気相手のマンション等に通っている 330,000円~440,000円

相手の自宅等に通っているだけの場合、法的には間接証拠までにしかならない為、頻繁に通っているという事を立証する必要があります。ただし、相手の自宅などに一泊した場合は、その時点で慰謝料請求が出来ます。

妻の不審な行動を調査、証拠を押さえ、慰謝料請求まで 440,000円~550,000円

確信までは無いが、妻の不審な行動に違和感を感じ調査を依頼。対象者の行動パターンから調査し、特定の男性との密会を把握。
週3回程度ラブホテルに通う証拠を押さえ、弁護士とも相談し相手への慰謝料請求まで行う。

結婚前調査・家庭状況調査等

結婚調査は対象者の周辺環境への聞き込み調査になります。嫁ぎ先の家庭状況や、土地柄の調査、その土地の風習など多岐にわたります。調査地域・規模・内容により料金設定が変わりますので、一度ご相談ください。

実例1

嫁ぎ先が県内の古い村で、その土地の風習や地域の人間関係などを調査してほしい。

実例2

結婚を前提に付き合っていたが、結婚の話になったり、相手の両親の話や実家の話になると話をはぐらかされてしまうので、実際に結婚する気があるのかという相談。このケースの場合、相手の実家という住所は架空で、実際は妻子がいることが判明しました。

家出人調査・人探し 要相談

年間数万にものぼる家出人の調査に対し、警察では手が回らないのが現状です。近年は経済的事情、家庭的事情による失踪だけにとどまらず、出会い系サイトが増え、インターネット、スマートフォンの普及による若年層の異性交遊によるトラブルでの失踪も増えています。

【逃げている人】【逃げていない人】の調査に分類され、いつから失踪したのか、今ある手がかりにもよりますので、一度ご相談ください。

盗聴・盗撮調査 55,000円~

近年、手軽に手に入るようになった盗聴機器、小型カメラやスマートフォンの普及により盗聴被害、盗撮被害の相談も増えています。盗聴器の捜索は専門知識・技術が必要です。盗撮行為も迷惑防止条例に抵触するものだけでなく、ストーカー行為につながる恐れもあります。
不安を感じたら、迷わずに一度ご相談ください。盗聴・盗撮は早めの対策が被害を最小にとどめます。